case1 千葉県在住Aさん(男性)・印刷会社勤務の29歳 ・年収は約270万円 ・実家でご両親と同居中

このようなお問い合わせをいただきコンサルティングを開始。
ヒアリングを進めていくうちにAさんのご希望は「今のお給料の手取り以外にも、収入を手にして、毎月の生活を楽しみたい。」というところにあると判断。
埼玉市内の鉄筋コンクリート(RC)マンションの区分所有(1室)3100万円の購入をお勧めいたしました。
昭和63年築のマンションですが、融資期間30年の取得に成功。
毎月の家賃収入から銀行への返済と諸費用を差し引いても毎月1万8000円程度が手元に残る投資となりました。
物件利回りは9.3%となります。
「家主の学校」で交渉を行った結果、売主様から購入後18カ月の家賃保証を取り付けることに成功したので、安心して投資家デビューを果たしていただくことができました。
「購入してからすでに3年以上経過していますが、購入前からの賃貸人様が長く住み続けてくれるとのことですので、改装費用なども必要なく安心しています。現在2件目の不動産購入について家主の学校さんに相談をさせていただいているところです。」というお喜びの声をいただいております。

case2 東京都在住Bさん(男性)・金属メーカー勤務の35歳 ・年収は約330万円 ・奥様とお子様の合計4人家族

このようなお問い合わせをいただきコンサルティングを開始。
ヒアリングを進めていくうちにAさんのご希望が、「月の収入をもう少し増やして、生活を充実させたい」というところにあると判断。
埼玉市内の鉄筋コンクリート(RC)一棟マンション(6800万円)の購入をお勧めいたしました。
昭和59年築で融資期間30年の取得に成功。
毎月の家賃収入から銀行への返済と諸費用を差し引いても毎月10万円程度は手元に残る投資となりました。
物件利回りは9.3%となります。(修繕費として毎月少しずつ積み立てを実施)
「家主の学校」では、売主様から購入後1年間の満室家賃保証をいただきましたので、Aさんにとっても安心して収益不動産のオーナー様になることができたと考えております。

case3 大阪府在住Cさん(男性)・地方時自体勤務(地方公務員)の38歳 ・年収は約440万円 ・奥様と2人家族

このようなお問い合わせをいただきコンサルティングを開始。
ヒアリングを進めていくうちにBさんのご希望は「現在の生活には満足しているが、老後や退職後の生活において、年金以外の収入もほしい」というところにあると判断。
大阪市内の鉄筋コンクリート(RC)一棟マンション(1億2800万円)の購入をお勧めいたしました。
昭和58年築のマンションですが、融資期間30年の取得に成功。
毎月の家賃収入から銀行への返済と諸費用を差し引いても毎月19万円程度が手元に残る投資となりました。
物件利回りは9.2%となります。
(Bさんは、当初のお考え通り、手元に残った家賃の大部分を将来への資金として貯蓄されておられます。)
「定年退職を迎えた後の蓄えができたので安心して老後を迎えられます。」
とお喜びの声をいただいております。

case4 神奈川県在住Dさん(男性)・飲料メーカー勤務の43歳 ・年収は約550万円 ・奥様とお子様の合計3人家族

このようなお問い合わせをいただきコンサルティングを開始。
ヒアリングを進めていくうちにCさんのご希望が「50歳までには会社を退職して、お子様が独立されてから、奥様と共通の趣味である海外旅行に出かけたい」というところにあると判断。
京都市内の鉄筋コンクリート(RC)一棟マンション(1億5800万円)の購入をお勧めいたしました。
(初期費用も含めてほぼ全額を銀行からの融資でおぎなえました。)
平成11年築のマンションを融資期間30年で購入。
毎月の家賃収入から銀行への返済と諸費用を差し引いても毎月16万円程度が手元に残る投資となりました。
物件利回りは8.67%となります。
「退職後の趣味のために、もう一棟購入してみたい」という感想をいただいております。

case5 千葉県在住Eさん(女性)・アパレルメーカー勤務の49歳 ・年収は約770万円 ・お一人暮らし

このようなお問い合わせをいただきコンサルティングを開始。
ヒアリングを進めていくうちに、Dさんのご希望が「現在の収入も少し増やしたいという考えもあるし、もちろん退職後の資金も余裕を持ちたい」というところにあると判断。
名古屋市内の鉄筋コンクリート(RC)一棟マンション(2億5500万円)の購入をお勧めいたしました。
昭和58年築で収支期間30年の取得に成功。
毎月の家賃収入から近郊への返済と諸費用を差し引いても毎月42万円程度が手元に残る投資となりました。(その一部は将来の修繕費等として積み立てをされています)
物件利回りは9.3%となります。
「独身の一人暮らしでしたが、将来への大きな安心を手にできたと考えています。」
というお喜びの声をいただいております。

case6 東京都在住Fさん(男性)・自動車メーカー勤務の54歳 ・年収は約960万円 ・奥様とお子様の合計5人家族

このようなお問い合わせをいただきコンサルティングを開始。
ヒアリングを進めていくうちにEさんのご希望が「毎月の自由にできるお金を少しでも増やすと同時に、数年後に迫った退職後の年金以外の収入も確保したい」というところにあると判断。
高崎市内の鉄筋コンクリート(RC)一棟マンション(2億6000万円)の購入をお勧めいたしました。
昭和58年築のマンションですが、融資期間30年の取得に成功。
毎月の家賃収入から銀行への返済と諸費用を差し引いても毎月53万円程度が手元に残る投資となりました。
物件利回りは9.8%となります。
「子供に必要な学費等を十分に支出した後でも、ある程度、自分自身に使うお金の余裕もできて、充実した毎日を送っております。」という感想をいただきました。